ちりめんジワの原因は?効果的な対策方法ってあるの?

空気が乾燥すると、お肌も乾燥しますよね。
すると、目元や口元に小さな小ジワが現れたりしませんか?

乾燥シーズンに目元口元に現れる小ジワを「ちりめんジワ」と呼びます。

いわゆる、乾燥小ジワです。

乾燥が原因ならば、保湿してあげればちりめんジワは改善されるでしょうか。
原因と対策を見てみましょう。

ちりめんジワの原因は、やはり乾燥です。

お肌の角質層(一番表面の層)の潤いが不足すると現れます。

角質層の潤いが不足すると、お肌の柔軟性が低下してしまいます。
すると、細かいシワになってしまうのです。

20代以下の若い人にできるシワは、このちりめんジワであることが多いと言われています。

ちりめんジワは肌表面にできた浅いシワなので、対策を行うことで改善することができます。

逆に、ちりめんジワを放って置くと、皮膚がシワを記憶してしまい定着してしまうのでご注意下さい。

ちりめんジワの対策の第一は、保湿です。

角質層にたっぷりと潤いを与えてあげることが大切です。
そして、潤いが逃げない様にしてあげることも大切ですよ。

ちりめんジワの対策には、保湿成分を配合した化粧品がおすすめです。

保湿成分を配合していると言うことは、お肌に与えられた潤いを持続させてくれると言うことなので、保湿効果が高まります。
化粧品を購入する際には、「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「エラスチン」などの成分が配合されている化粧品を選ぶと良いですよ。

ちりめんジワ対策の第二は、紫外線対策です。
紫外線はお肌の乾燥を誘発すると言われています。

また、紫外線はお肌の内部に浸透して組織を破壊することで、お肌のハリや弾力を低下させることがわかっています。

様々なお肌トラブルの原因とも言えます。
紫外線対策は夏場しか行わない人も多いですが、出来れば年中紫外線対策を行って下さい。

日焼け止めを使用したり、日焼け止め効果の配合された化粧品を使いましょう。
日傘や防止も、常に身に着けると良いですよ。

そして、果物や緑黄色野菜を取る事で、身体の内部から紫外線対策を行いましょう。

ちりめんジワ対策の最後は、摩擦に注意です。

お肌の摩擦もちりめんジワの原因だったりします。

例えば、メイクするとき強めにファンデーションを塗ってしまう。
クレンジングの時に、強すぎるクレンジング剤を使ったり、ふき取りタイプのクレンジングばかりを使ってしまう。

洗顔の際、顔をゴシゴシ洗ってしまう。
など、意外とお肌は摩擦されています。

メイクに合ったクレンジングを選んだり、洗顔は泡洗顔を心がけたりと摩擦に注意しましょう。

深いシワになる前に、ちりめんジワの対処を行って下さいね。

コメントは受け付けていません。