目元の目立つシワは、コンシーラーで隠せます!

鏡を見てシワを見つけると、少なからずショックですよね。

鏡を見る機会は、朝の身支度中が一番多いだけあって、シワを見つけてしまっても対処の仕様がない!

そんな時は、コンシーラーを使って応急対処しましょう。

シワは、見つけてしまってもすぐに対処することが出来ません。

食生活に気をつけたり、お肌の潤いを整えたり、紫外線対策を行ったり。
それらを続けることで、まだ定着していないシワは改善することが出来ます。

でも、朝の支度中にシワを見つけてしまったらどうすれば良いでしょう?

悠長に、対策する時間はありません。

でも、シワが目元のシワだった場合は、アイクリームとコンシーラーで応急処置することが出来ますよ。

目元は、元々皮膚の薄い部位になります。

だから、血行不良の時はクマが目立ったり、お肌が乾燥している時は小ジワが出てしまったりします。

だからと言って、目元はとても人の注目を集める部位だけあって放って置くと相手に老けた印象を与えてしまいます。

だから、メイクで隠してあげましょう。

でも、メイクでクマやシワを隠そうとして失敗する人は、少なくありません。

クマやシワを隠そうとして目元にファンデーションを塗りすぎてしまうと、シワの間にファンデーションが詰まって逆にシワが目立ってしまったりします。

目元のシワを隠す場合は、ファンデーションを出来るだけ薄く塗ることが鉄則です。

本当ならば、ファンデーションを塗らない方が良いと言います。

しかし、ファンデーションを塗らないとクマやシワは隠せないし・・・

こういう時に、コンシーラーを使います。

使うコンシーラーはミネラルを含んだ軟らかめのタイプが良いですよ。

乾燥を防ぐ働きもしてくれます。

コンシーラーの使い方は、使うファンデーションの種類によって変わります。

パウダーファンデーションを使っている場合は、下地、コンシーラー、パウダーの順に塗っていきます。

リキッドファンデーションを使っている場合は、ファンデーションの後にコンシーラーを塗ります。

この時、仕上げのパウダーはつけない方が良いですよ。

お肌の艶出しとして仕上げのパウダーを使いますが、コンシーラーの上にパウダーを使うとよれてしまいます。

せっかく隠したシワも、時間と共にお肌が乾燥すると復活してしまいます。

こんな場合は、お化粧直しをしますが、この時にもポイントがあります。

優しく綿棒などで汚れを取ってから、軽くコンシーラーを塗りなおします。
ファンデーションは使わない方が良いですよ。

しっかりシワ改善するまでの間は、コンシーラーを使ってシワを隠して上げて下さいね。

コメントは受け付けていません。