シワには、3種類あり!原因をしって対策しよう!

年齢を重ねると、いつの間に出来ているシワを見つけて小さくないショックを受けることが増えますよね。

なんで、シワなんて出来るのでしょう。
どうにかシワが出来ない方法はないでしょうか。

シワができる原因につちえ、少し調べてみましたよ。

シワは、お肌の一部が常に曲げ伸ばしされていることによって出来る溝です。

つまり、ほうれい線の辺りや目尻の辺りなど、表情を代えるだけでも曲げ伸ばしされる部位はシワになりやすいんですね

物理的な曲げ伸ばしの影響以外にも、紫外線や乾燥によってシワは出来てしまいます。
そして、避けて通れないのがお肌と筋肉の老化によるシワです。

シワには、3つの種類があります。

 

表皮性シワ

角質層の乾燥や新陳代謝の低下によって作られるシワです。
代表的なシワは、目元のシワやちりめんジワです。
このシワは、初期の段階であれば保湿に気を付ける事で改善すること出来ます。

 

真皮性シワシワの深さが真皮層まで達してしまっているシワです。

原因は、真皮層の中のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の減少です。
お肌にハリがなくなってシワになってしまいます。
代表的なシワは、目尻のシワや額のシワです。

 

表情ジワ

笑ったり困ったり表情がコロコロ変わることによって出来るシワです。
常に眉間にシワを寄せていたり、頬が弛んでほうれい線が出来たりする状態が続くと、筋肉がシワのある状態を記憶してしまう為、固定化されます。

 

では、シワにならない様に対策を取ることは出来ないでしょうか?
シワができる原因は主に2つあります。

乾燥と紫外線です。

シワを予防したいなら、まずは、乾燥に気をつけるべきです。

乾燥がお肌に悪いことは、既に広く知られていますよね。

でも、良かれと思った行動が逆にお肌に悪かったりします。

熱めのお風呂に入浴したり、パックを使用時間を越えて使ったり、皮脂を落としすぎたり。

これらは、お肌の乾燥を促進してしまいます。
気をつけて下さいね。

次に気をつけるべきは、紫外線です。

紫外線は、エネルギーの強い光線で、お肌の中に浸透してコラーゲンを破壊してしまいます。
曇っていても晴れていても、日焼け防止対策には力を入れてください。

代表的なこれらの原因以外にも、表情筋の衰えや摩擦、コラーゲン減少など、シワの原因はたくさんあります。
食生活の乱れ、過度な飲酒、喫煙もシワを作ります。

シワを増やさない様にするためには、お肌を乾燥させない保湿ケア、お肌が弛まないようにする顔の筋トレ、そして、健やかな食生活がとても重要です。
皆さんも、一度ご自身のケアを見直してみてくださいね。

コメントは受け付けていません。